ここ調べた » 冬の行楽 » スノボの持ち物インナーはこう選べば正解!

スノボの持ち物インナーはこう選べば正解!

読了までの目安時間:約 5分

1147_R

スノボの時ってインナーはみんなどうしてる?

スノボに行くときに、意外に悩むのがこのインナー。

寒さ対策はバッチリしたいし、

でもレストハウスではウェアを脱いで
休むから、少しはオシャレも考えたいし、

一体どんな視点で何を揃えたらいいの?
ということで、

今日はスノボをする際に
オススメのインナー選びについて紹介します。



スポンサードリンク



スノボにおススメのインナートップスは?


あくまで私の女性目線での意見ですが、
子供の時からよくゲレンデに行って、
スキーやスノボをしてきました。

大人になった今でも冬になれば
ウズウズして週末には、友人達と出向いています。


まずスノボと言えば、
おしゃれなウエア姿を想像するでしょう。


そしてゲレンデは雪山、寒いと言うイメージです。

ですが実際は夢中になって滑っていると、


ウエアや帽子の中で
しっかりと汗をかいているものです。


まずウエアの下はなるべくフードが
ついていないトレーナーやジャージがオススメです。


でもフードがついていないものは
なかなかないので、こんな感じでもいいでしょう。



最近はスウェットでもとってもかわいい
オシャレなものがあるので

こういうタイプならレストハウスで
スノボウエアを脱いでも安心
!です^^


スノボウエアの下のスウェットの下は?


さらにその下は、
最近メジャーになってきたヒートテックインナー。

これはメーカーによって多少素材が異なります。

私は某有名ブランドの
ヒートテックインナーは、


肌が痒くなったり汗疹のようなものが
できてしまうので、
必ず素材を確かめてから購入しています。


できればこれは、スポーツ店にいって
スポーツ用のものを購入するのがおススメ!

スポーツ用でないと、>自分の汗が原因で
体が冷えるようになってしまいます。


そしてなるべくなら
タートルネックがオススメです。


あとはその上からネックウォーマー、これは鉄則ですね。


緩めたり、締めたり調節ができるものが良いでしょう。

滑っている時に吹雪になったら、
顔が凍りそうな寒さですから、


ネックウォーマを鼻まで上げて
ゴーグルとの境をなるべくなくします。


スノボにおススメのインナーボトムは?

1149_R
そして次はボトム。

ウエアのボトムの下にはレギンスが鉄板ですね。

さらに毛糸パンツをオススメします。


これは暖かいだけでなく
転んで尻もちをついた時にも、
衝撃を吸収してくれますよ。


もちろん、専用のヒップパッドもありますが


「そこまで用意するのは大変」

という方は普段使いもできる
毛糸のパンツだけでも随分違います。


そして靴下。
これは五本指ソックスが重宝します。


とても暖かい上、
普通の靴下と重ねばきをすれば完璧です。


雪が染み込んできた場合のことも考え、
替えの靴下は必ず用意しておきましょう。


山は天候が変わりやすく、
雪や雨に濡れても大丈夫なように
用意していきましょう。


そして、スノボは意外に?汗をかきます。

靴下以外にも、
下着や帰りの洋服の着替えが必要です。


汗が冷えて風邪を引かないように、
滑り終わった後は着替えるといいですよ^^



スポンサードリンク



まとめ


その他寒がりの人は、インナーに
カイロを貼るのもおすすめ。


これからスノボシーズンも本番。


ウエアやボードなどは
現地でレンタルができますが、

インナーだけは準備が必要です。


ここで紹介させていただいたことを
頭の隅におきつつ、

スノボにむけて準備をしてくださいね。


今日もお付き合いいただき
ありがとうございました。^^

(ライター angy)



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ