ここ調べた » 夏の行楽 » デイキャンプ初心者さん必見!これだけは押さえたい準備のポイント

デイキャンプ初心者さん必見!これだけは押さえたい準備のポイント

読了までの目安時間:約 5分

0130_R

デイキャンプ初心者の方でも、
気軽にできるような準備のポイント
ご紹介したいと思います。

デイキャンプは、宿泊せずに
日帰りでバーベキューなどをして
帰ります。

ある程度の準備や段取りを
考えていた方が、スムーズ
進めることができると思います。



スポンサードリンク




食材の下ごしらえ、クーラーボックスで持参

head
もちろんその場で、家族や仲間と
食材を切ったりするのも楽しいですよね。

子どもが包丁やピーラーデビューする
いい機会ですね。


今日作るメニューが決まっていれば、
ある程度下ごしらえしておくと、
時間の短縮になりますよ。


お肉をタレにつけて密閉の袋か容器に入れておく。


野菜は切って使わなかった分は、
持ち帰ることになります。

傷まないかどうかを考えるのであれば、
必要な分を切って持参すると楽ですね。


ペットボトルの飲み物を冷凍して、
保冷剤の代わりにすれば、
冷たい飲み物も飲めるし食材は冷えてるしで、
一石二鳥です。



注意したいこと

0127_R
バーベキューコンロは熱いです
取り扱いには注意したいですよね。

軍手などをしてトングを使い、
焼いているものを返したり、
取ったりすると扱いやすいです。


食事が終わった後も注意です。
炭が燃え尽きて処理するまでは
熱いままです。


あまり人が通らない所
よけておくことが必要です。


我が家の子どもも数回、
やけどをしています。

遊んでいる時に
触ってしまったなどが原因です。


タープを支えておくロープなども、
引っかかってしまい転倒してしまうことも。


あとは、です。


オーディオから流れる大きな音楽や、
カラオケなどは禁止しているところもあります。


まわりの方に迷惑をかけないようにしましょう。



子どもも大人も必要なもの

150243_R
着替えやタオルなど、
意外に必要だったりします。

動いて遊んで汗をかいたり、
準備と片付けで汗だくになることもあります。


うちわをちょっとしのばせておくと、
火種を作るときに一生懸命仰いだり、
暑さ対策で仰いだりと、大活躍です。


また、我が家のデイキャンプ用品で
買い替えたものがひとつあります。


テーブルとイスです。


最初は、テーブルとイスがセットになって
くっついているタイプ
の物を買いました。


折りたたんで、使う時に開く。


コンパクトでいいんですが、
結局家族の人数が増えて、
椅子が足りなくなりました。


買い足すと椅子の高さが違ったりと。

ある程度、子どもが大きくなるまでは
レジャーシートに低めのコンパクトなテーブル
代用でも十分かと思います。



スポンサードリンク



まとめ


あれもこれも用意しなくちゃとか、
買わなくちゃということよりも、

まずはこれさえあればというものを用意して、
回数を重ねるたびに少しずつ
揃えていくのも良いと思います。


一年ごとに、使う用途や目的も
変わってきてしまうものもあるので、

あせらずまわりの様子を伺いながら
楽しいデイキャンプを満喫したいですね。


ちなみに、東海地方でデイキャンプするなら
こちらのおすすめ情報もチェックしてみてくださいね。


→愛知県でデイキャンプならここが楽しめるよ!ベスト3


川遊びや山遊び派はこちらをどうぞ!
→愛知県で川遊びできるおすすめスポット3選!親子でたくさん楽しもう

これからの季節、たくさんアウトドアを楽しんじゃいましょうね!


(ライター yuri)



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ