ここ調べた » 子どもの行事 » 幼稚園の運動会お弁当に簡単カワイイ3つのアイデア

幼稚園の運動会お弁当に簡単カワイイ3つのアイデア

読了までの目安時間:約 6分

1225_R

子どもたちが一生懸命頑張る運動会、
実はママもお弁当作り、頑張りますよね。

バタバタ忙しい運動会の朝、
大人数のお弁当を用意するのは
本当に大変です。


楽しい運動会で、お弁当を開けたときに
「かわいい」「美味しそう」と言ってもらえる
お弁当を簡単に作るコツをご紹介します。



スポンサードリンク




ポイントは、「赤・黄・緑」

150521_R
運動会のお弁当、
子どもたちの大好きなものを
入れてあげたいですよね。

から揚げに、ミートボール、
ウインナーも外せません。

そして、ふと気付くと茶色ばっかり!
お弁当になってしまっていませんか?


開けたとき「わぁ!」と思うお弁当は、
いろどりが勝負です。


きれいないろどりのお弁当は、
見た目がおしゃれで、
美味しそうに見えるものです。


そこで、お弁当を作り始める前に


ぜひ準備しておきたい、
いろどりアップ!の
簡単食材
をご紹介します。


赤い食材

150524_R
赤の一番のおすすめ食材は、
なんといってもミニトマトです。


見た目もかわいく、鮮やかな赤ですので、
入れるだけでお弁当を
グンと明るくしてくれます。

どうしてもトマトが苦手!という場合は、
ピンクになりますが、
かまぼこもおすすめです。

切るだけで簡単に
いろどりアップの優れものです。


黄色い食材

150525_R
黄色の定番は卵焼きです。

お砂糖やお醤油を使用しないで作ると、
鮮やかな黄色になります。


朝から何度も卵を重ねて焼く時間がない!
という場合は、
黄色のミニトマトでもかまいません。


黄色はワンポイントくらいでいいので、
何か1品、用意してみましょう。


緑色の食材

150523_R
おすすめの食材は、きゅうり枝豆です。


きゅうりは大きめに切ることで、
緑の分量が大きくなります。

3cmから5cm位に切り、
縦に十字に4等分すれば、
あとは軽く塩もみするだけです。


枝豆は冷凍枝豆がおすすめです。
案外、枝豆好きのお子さん、多いですよね。


最近では、冷凍のままお弁当に入れておくと、
お昼までに常温に解凍されて食べられる
というタイプのものが販売されています。


冷凍のまま入れることで
簡単な保冷剤効果も発揮してくれますし、
一石二鳥です。


詰めるのではなく、飾り付ける


色が準備できたら、いざ、お弁当箱へ。


ここでのポイントは、
いろどり食材は飾り付けという感覚です。


いつものお弁当を作り、
その隙間をいろどり食材で
飾って
いきましょう。


段重ねのお弁当は、
肉類しか入っていない段に

少しミニトマトや枝豆のコーナーを
つくるだけで、
ぐっと明るく見えてきます。


おしゃれにかわいく、
いろどり食材を活用してみてください。



スポンサードリンク



飾りを上手に活用!



可愛く盛り付けしたいけれど、
どうしていいか分からないというママも
多いと思います。


そんな時に味方になってくれるのが、
お弁当用の飾りです。


可愛いピックやバラン、
おにぎりのラッピングシート
など、
本当にたくさんの種類のものが
販売されています。


普通のミートボールも、
かわいいピックに刺しただけで
おしゃれに変身です。


男の子に人気の大き目おにぎりは、
ぜひパッと目を引くおにぎり袋
入れてあげてください。


食べるときに開封して、
袋をもって食べられますので、
かわいいだけでなく、清潔感もあります。


先ほどご紹介した
いろどり食材が準備できないときは、
飾りで代用することもできますので、
ぜひストックしておきたい優れものです。



型抜きで簡単デコ


デコレーションを楽しみたい時には、
型抜きが大活躍します。

ご自宅にある、
クッキーの型抜きなどで大丈夫です。


この型抜きで、
チーズやハムをかわいい形にしましょう。

ポテトサラダをカップに入れて、
その上にハート形のハムを乗せれば、
簡単ピンクのハートサラダです。


ハンバーグの上に
星形のチーズを乗せれば、

運動会で活躍できそうな、
一番星ハンバーグです。


こんな小さな工夫で、
子どもたちは案外喜んでくれるものです。


キャラクターをモチーフにした
デコ弁などは忙しい朝には大変です。

簡単だけどかわいく見える
デコレーションでお弁当を飾ってみてください。



おわりに


いかがですか?

お子さんが楽しみにしている運動会を、
ママのお弁当でさらに盛り上げてあげられたら、
とても嬉しいですよね。

少しの準備と工夫で、
お弁当を開けたときに

「わぁ!」という声を聞けるよう、
ママも頑張りましょう!

(ライター 三木杏奈)


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ