ここ調べた » 子どもの病気 » 子供が風邪で食事を食べないときの対処法

子供が風邪で食事を食べないときの対処法

読了までの目安時間:約 7分

150325_R

風邪の季節、
どんなに元気な子供でも
風邪をひいてしまうことはあります。

食欲があるうちは、
風邪でもなんとなく安心しているのですが、
ぐったりして食欲もなくなってしまうと、
本当に心配です。


焦ってもどうしようもないことは
分かっているのですが、
心配でついついアタフタ。


風邪の季節、
きっと訪れる子供の食欲不振のときに
おすすめの対処方法をご紹介します。



スポンサードリンク



無理に食べさせようとしない


風邪でぐったりしている子供を見ると、
体力を戻すためにも
「少しでも食べさせなければ!」と
ママは焦ったりします。

ただ、風邪、特に発熱時は、
子供は本当に何も食べたくないくらいに
ぐったりしてしまうことがあるんです。


食欲がない子供に、
無理に食べさせようとしなくても
大丈夫
です。


大人に比べて子供は体が小さいので、
つい見ていて心配になってしまいますが、

子供の小さな体にも
しっかり栄養分は蓄えられています



風邪の時期、2日から3日ほど
食べられなくても、大騒ぎしなくて大丈夫。


子供は、大人よりも
体の声に敏感です。

本能的に、体が欲しているものを
「食べたい」と思う
もの。


そんな子供が何も食べたくないと
言うということは、

体が「今は食べ物はいらない」と
言っているのでしょう



食べることよりも、体と内臓の休息を
求めているのかもしれません。


もちろん、少しでも
食べられそうでしたら、

体力回復のためにも
食べることをおすすめします。


でも、もし食べられなくても、
焦る必要はありません。


「これなら食べられるかな?」
「これは?」

と、ママが一人焦っていろいろ準備して
疲れてしまわないようにしましょう。



水分補給は大切!効果的な水分補給の方法

150361
食べたくないときは、無理して
食べなくても大丈夫という
お話をしましたが、
水分補給は絶対に必要です。


発熱時は、体に十分な水分を補給して、
体の外に熱を排出する手助けを
してあげなければなりません。


風邪の時期は、ちょっと油断すると、
寝ている間に
脱水を起こしてしまったりするので
注意が必要です。


効果的な水分補給のポイントは3点。


まず、
冷たすぎるものを飲まないこと。

風邪の時は、お腹も弱っています。

そこに、冷蔵庫で冷え切ったお茶を
飲んでしまうと、
お腹をこわしてしまうかもしれません

発熱時、体を外から冷やすことは大切ですが、
中からは冷やさないように
気を付けましょう。


そして2点目は、
一度にたくさん飲まないこと。

一度に大量に飲んだ水分は、
胃液を薄めてしまい、
消化不良などを起こす原因に
なります。

水分補給は、
できるだけこまめにすることが大切です。


そして最後に、
飲むものにも注意すること。

発熱などの時に大量に汗をかいたりすると、
水分と一緒に
電解質も失われています。

このような状況では、
水では効果的に吸収されないばかりか、
更に体内の電解質濃度を
薄めてしまう
原因となります。

そんな時におすすめなのが、
経口補水液です。

体が失った、必要なものを補給し、
効果的に水分補給をすることができます。


我が家では、急な発熱に備えて
OS-1を常備しています。

私はあまり美味しいと感じないのですが、
風邪の時に子供に飲ませると、
美味しいと言って飲んでいます。

体が欲しているから、
美味しく感じるのかな?と
思ったりしています。

備えておくと、安心ですね。



フルーツは風邪の時の強い味方


266_R
食事を食べてくれない子供も、
少量のフルーツなら
食べてくれることがあります。


そんなときには、
季節に合わせたフルーツを
食べさせてあげてください。


熱が出たときは、
ナシやバナナ
がおすすめ。

これらには、
解熱効果があると言われます。

バナナは季節を問わず手に入りますので
助かりますね。


お腹をこわしているときには、
すりリンゴ


リンゴに含まれるペクチンが
腸内で活躍し、
悪い菌を追い出す手助けをしてくれます



他にも、バナナやブドウなどに含まれる
良質な糖分は、体に吸収しやすく、
体力回復を助けてくれるのです。


フルーツは、風邪の時の
強い味方
なんですね。






食欲回復期の食事はゆっくりと。


風邪で食欲がなかった子供も、
だんだんと食べられるようになってくると

「お腹が空いたー!」

と大騒ぎするかもしれません。


そんなとき、急に消化の悪いものを
大量に食べてしまっては、
体がびっくり
してしまいます。


お腹が空いた子供は、
大好物を食べたがるかもしれませんが、
それはもう少し待ってからにしましょう。


回復期は、消化の良い雑炊や
温かい野菜スープなどから

だんだんとお腹を慣らしていきましょう。


お腹をこわして
もう一度ダウンしてしまうことの無いよう、
回復期はゆっくりと
食事の内容と量を元に戻していきましょう




おわりに


いかがですか?

食欲がない子供は、
見ていてこちらが辛くなってきますよね。

どうにかしてあげたいと
焦る思いがしますが、
ぐったりしている子供には、
無理に何かしようとせず、
ある程度見守ってあげましょう。

水分補給をしっかりして、
食べられるものを食べる。
それが、体力回復の最短ルートです。


風邪の季節を乗り切るため、
ぜひ参考にしてみてください。

(ライター 三木杏奈)



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ