ここ調べた » 季節のいろいろ »  » 赤ちゃんの夏のお出かけ対策|ママが気をつけたい5つのこと

赤ちゃんの夏のお出かけ対策|ママが気をつけたい5つのこと

読了までの目安時間:約 6分

150350_R

生まれたてだった赤ちゃんが一ヶ月過ぎ、
二ヶ月過ぎ・・・徐々に大きくなっていくと、

家の中だけではなく、
外へ出て様々な音を聴いたり、
自然に触れさせてあげたいですよね。

でも、真夏のお出かけには
熱中症や紫外線対策など、
様々な注意が必要です。

そこで、赤ちゃんとの夏のお出かけの時に、
ママが気をつけたいことをお伝えします!



スポンサードリンク




1:お出かけは涼しい時間に!

150349_R
一番大切なのは、涼しい時間に
お出かけするということ。

朝や夕方などの時間帯を選び
できる限り日中は避けるようにしましょう。


特に午後は日差しも強く
温度も高くなるので、お出かけは避けてあげましょう。


移動手段別の気をつけるポイントが
こちらです。


ベビーカーでお出かけする場合


ベビーカーで出かける場合、
外気温も気をつけなければいけませんが、

アスファルトの照返しがとても暑いので
注意が必要です。

一番熱くなる時で60度と言われています。


立っているママよりも

ベビーカーの中の赤ちゃんの方が
アスファルトに近いために、
照り返しの影響を受けやすいのです。


それを避けるためにも、
ベビーカーでお出かけする場合の
外にいる時間帯は、

朝10時までと夕方15時以降
涼しくなる時間を目安にすると良いでしょう。


車でのお出かけの場合

150511_R
車の乗降時など、暑くて大変なので、
これまたできれば涼しい時間を
オススメしますが、

車での移動ならば、直射日光の影響、
アスファルトの照り返しなどの心配はないでしょう。


しかし、車の中は熱気がこもりやすいです。


乗る前に窓を開けて暑い空気を逃がし、
冷房を効かせるなど配慮してあげてくださいね。


また、短時間だから・・・と赤ちゃんを
車に残して用を済ませるということは危険
です。


熱中症の危険もありますし、
一人にされた赤ちゃんは大変不安です。


絶対にやめましょうね。



2:屋外へ出ている時間はできるだけ短く!

150201_R

外に出ている間に気を付けたいことは
こちらです^^


散歩は10分程度で十分!


真夏の日差しを浴びるのは、
10分程度で十分です。


月齢が低い場合は、
散歩へ出かけなくても
家の外に少し出る程度で十分でしょう。


赤ちゃんは体温調節が未熟なため、
熱中症になりやすいです。

外で過ごす時間は短くしましょう。



スポンサードリンク



3:紫外線対策を忘れずに!

 

できるだけ薄着にしてあげて、
そして露出は控えてあげましょう。


直接紫外線を浴びないように
バスタオルやケープ、レッグウォーマーなどを
上手に使って紫外線対策をしましょう。


もちろん帽子も忘れずに!

赤ちゃんの肌にOKなUVクリームを
手足や顔に塗ってあげましょう。



4:暑さ対策をしっかりと


そして重要なのが暑さ対策です。

熱中症にならないためにも
こんなポイントに気を付けてあげて
くださいね!


水分補給をこまめにする


こまめに水分を補給して、
脱水症状にならないように
気をつけてあげてくださいね。


お水やお茶など飲めるものを
用意しておきましょう。


保冷剤で火照りを冷やす


特に暑い日などは保冷剤を持ち歩いて、

ガーゼなどで包んで
赤ちゃんにあてて上げるのも良いでしょう。

抱っこ紐にも保冷剤を入れてあげる
ポケットもありますよね。


ぜひ活用してください。


汗対策


汗っかきな赤ちゃんの汗を
こまめに拭いてあげましょう

汗をたくさんかいたままだと、
体が冷えて風邪の原因になります。


また、ガーゼや汗取りパッドを
背中と下着の間にはさんであげて、

汗をかいたら取り替えるようにすると良いですよ。



5:無理に出かけない


日差しが強い日は、
無理に出かけなくて良いでしょう。


家でゆったりと関わってあげてください。

赤ちゃんと真夏のお出かけは
無理する必要はありません。


また、室内で過ごす場合も
冷房の温度を下げすぎないようにしたり、

適度に換気をして
熱中症対策をするなど注意してくださいね。


赤ちゃんとの室内での過ごし方が
わからない~という方はこちらの記事をどうぞ!

→赤ちゃんと夏の過ごし方|困った時の室内遊びはコレ!


月齢の低い赤ちゃんは、外出は控えて
おうちの周りでのんびり過ごす方が
赤ちゃんもママも気楽かもしれませんね^^ 



まとめ


いかがでしたか。

赤ちゃんと過ごす初めての夏。


たくさん思い出を作ってあげることも
大切ですが、

出かける場合は無理をしない、
赤ちゃんに無理をさせないように配慮、
準備をしっかりと行って、出かけましょう。

(ライター luna)


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ