ここ調べた » 季節のいろいろ »  » 赤ちゃんと夏の過ごし方|困った時の室内遊びはコレ!

赤ちゃんと夏の過ごし方|困った時の室内遊びはコレ!

読了までの目安時間:約 5分

150519_R

猛暑が続く毎日・・・

さすがに、炎天下の中、
生まれて数ヶ月の小さな赤ちゃんを
連れ出すわけにもいきませんよね。


かといって家の中ばっかりだと
何して過ごせば良いか分からない・・・


そんなママも多いのではないでしょうか。

そんな時に、オススメの真夏の遊びを紹介します!!



スポンサードリンク




1:お風呂でプール

309_R
準備はこれだけです



  • お風呂またはベビーバスにぬるま湯(赤ちゃんが平気な冷たさ)を10cm程はる
  • バスタオル
  • ジョロもしくは空のペットボトル

(ジョロは100円ショップにありますよ。ペットボトルは、350mlか500mlで)


準備ができたら
赤ちゃんを入れてあげましょう!

ジョロなどを使って赤ちゃんに
水をかけてあげたり


赤ちゃんが自分で遊べるように
渡してあげて、水と仲良くなりましょう♪

遊んだ後は温かいシャワー
かけてあげましょう。


庭の日陰の部分やパラソルを
用意してあげて、

ビニールプールに水を入れて
遊んでも良いですが、

お風呂を使うと準備や片付けも楽ですし、
熱中症の心配もありません。

そしてママへの負担が少ないですよ。


注意点


1)
赤ちゃんが水遊びをしている間は、
絶対に目を離さないでください。

乳幼児は数センチの水で溺れてしまいます

自宅だからと過信せずに、
常に付き添ってください。


バスタオルや赤ちゃんの着替えなど、
必要なものは予め準備をしましょう。



2)
赤ちゃんの体調を見て
入れてあげてくださいね。

下痢をしていないか、熱はないか、
いつもと変わった様子はないか

よく視診してから遊びましょう。



スポンサードリンク



2:布団で遊ぼう!!


こちらもお手軽!準備はこれだけです



  • 布団や毛布、クッションなど厚みのあるもの
  • 広めのスペース(普段布団を敷いて寝ている部屋を使うと良いですよ)




まず床に布団を敷きます。

その布団の上に、たたんだ布団や
毛布などを重ねて滑り台のように
傾斜を作って
あげましょう。


周辺には、赤ちゃんが
安全に遊べるようにクッションや
掛け布団を敷き詰めてくださいね。


赤ちゃんはその傾斜を
ハイハイで登ったり、降りたり、
お尻で滑るように移動してみたり・・・

赤ちゃんの成長に合わせて
体を動かして楽しんでください!



注意点


1)
布団やクッションを使っているので
崩れやすいです。

布団に埋もれて
呼吸ができなくなってしまったり

高さのあるところから落ちて
怪我をする危険があります。


赤ちゃんを一人で遊ばせず、
必ずママも一緒に遊んでくださいね。


2)
周囲に危険なものがないか
確認してから準備をしましょう。

危険なものは別の部屋に
移しておくなど
万全の対策をとってから遊びましょう。



まとめ


いかがでしたか。

自宅にあるもので、
赤ちゃんと体を動かして
簡単に楽しめそうですよね!

注意点を守っていただき、
赤ちゃんと楽しく、
猛暑を乗り切ってくださいね。

(ライター luna)


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ