ここ調べた » 季節のいろいろ »  » 幼稚園の夏祭りの出し物に簡単な親子実験教室はいかが?

幼稚園の夏祭りの出し物に簡単な親子実験教室はいかが?

読了までの目安時間:約 4分

150418_R

子どもも楽しみにしている、幼稚園の夏祭り。

そんな子どもたちが
夢中になるものといえば、

お店屋さんやヨーヨー釣りなど、
昔ながらのものが多くあります。

もちろん、そういった出し物も
とても楽しいものですが、

せっかくなので、
ちょっとひねってみたいですよね!

そこで今回は、一風変わった
夏祭りの出し物をご紹介いたします。



スポンサードリンク




親子でスライムを作っちゃおう!

150242_R
一風変わった出し物って何だろう?
って思いますよね。


その答えは子どもも大好き!
「スライム作り」です。


ええーっ、と思った方も
多いのではないでしょうか。

でもこれ、親子で楽しむことができるイベントで、


子どもも楽しかったらしく、

家でも作りたい!

とせがまれるほどなんです。


スライムなんて作れるの?
という疑問もあるかもしれません。


作れます。それも簡単に。


注意すべき点は、必ず大人が一緒にやること。
たったそれだけなんです。

では、どんな材料が必要なのか、見てみましょう。



スポンサードリンク



スライムの材料を準備しよう


ではどうやって作ればいいか。

それはもう、理科の実験と同じです。


そんなこと言うと、学生時代を思い出して
なんとなく嫌な気分になるかもしれませんが、

スライム作りは、複雑なものじゃないので大丈夫(笑)


お子さんにとっても、
小学校の夏休みの自由研究を
ちょっと先取りしてやるようなものですから、

いい体験になること間違いなしです!


実験材料なんて持ってないよ…と
思われるかもしれませんが、
材料は手に入りやすいものばかり。

しかも分量は多くありません。

必要なのは以下のものです。


【スライムづくりの材料】
  • ホウ砂
  • 洗濯糊
  • 絵の具
  • お水
  • 割り箸
  • 牛乳パック
  • 紙コップ3つ



ホウ砂は、聞きなれないかもしれませんが、
普通に薬局やドラッグストアで購入できます

ただし、毒性のある物質なので、
必ず大人が購入して、

使用する際は十分に注意してあげてくださいね。



実際にスライムを作ってみよう

150330_R
それでは実験の順序をご説明いたします。

まず牛乳パックにホウ砂を入れ
お水を少しずつ入れながら混ぜていきます。


次に、紙コップに
先ほど作った液体を八分目まで入れます。


別の紙コップに八分目まで水を入れ
好きな色の絵の具を溶いて着色します。


また別の紙コップには、
同じく八分目まで洗濯糊を入れます。


そして、できた液体を全て牛乳パックに入れ
割り箸でぐるぐるっと混ぜていけば完成です。


ね、簡単でしょう?

液体でも固体でもない、不思議なスライムに
子どもたちはあっという間に夢中になりますよ!



まとめ


分量は適当に硬さを見ながら
作ってみてください。

ちなみにこのスライム、
高校に入ってからの化学でもゲルやらゾルやら
専門的に取り上げられる代物なんです。


幼少の時の思い出として残っていれば、
いずれ勉強にも経験として
効果が現れるかもしれません?
よ。

夏祭りの思い出として、親子でスライム作り。

おすすめです!



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ