ここ調べた » 季節のいろいろ »  » 夏バテ対策!子どもも大好きスタミナ料理3選

夏バテ対策!子どもも大好きスタミナ料理3選

読了までの目安時間:約 5分

夏本番いつから



スポンサードリンク




ゴーヤチャンプルー

150602_R

夏バテ対策の一番のおすすめ食材は、
豚肉です。


夏バテは、
エネルギーを作るために必要な
ビタミンB1が不足することが
大きな原因
であると言われています。


豚肉には、
このビタミンB1が多く含まれている
のです。

そのほかにも
鉄やカリウムなども含まれていますので、
夏バテ対策にぜひ使用したい食材です。


そして、豚肉との組み合わせとして
おすすめしたいのが、ゴーヤです。


ゴーヤには、
抵抗力や免疫力を高めてくれる
ビタミンCが多く含まれています。


ゴーヤのビタミンCは、
加熱調理しても損傷が少ないと
言われていますので、料理しやすい食材です。


ゴーヤには、
先ほどご紹介したビタミンB1をはじめ、
本当にたくさんの栄養素が含まれています。


そのため、
この豚肉とゴーヤを組み合わせた
ゴーヤチャンプルーは、
夏バテ防止の最強料理ともいえます。



スポンサードリンク



夏バテ防止餃子

150603_R
他にも
夏バテ防止に効果的な食材があります。


ニラニンニクもその代表例です。

ニラやニンニクは、
豚肉のようなビタミンB1を
多く含む食材と一緒に食べる
ことによって、

より体力回復の効果が高いと言われています。


ビタミンCを多く含んで
夏バテ防止に効果が高い食材として、
枝豆もおすすめです。


そこで、我が家では
これらを全て使用できる、
「夏バテ防止餃子」が子供たちに大人気です。


豚挽き肉、ニラ、ニンニクの普通の餃子に、
枝豆の実を軽く潰して入れます


これだけで、
先ほどご紹介した夏バテ防止食材を
一挙に含んだ餃子の出来上がりです。


お子さんと一緒に
餃子を包んでみるのも楽しいですね。


お手伝いしてもらいながら、
美味しい餃子で夏バテを防止しましょう。



夏野菜カレー

150601_R
夏バテで食欲が落ちてしまっている
というときには、
カレーはいかがでしょうか?

カレーの香辛料の香りが、
夏でも不思議と食欲を復活させてくれます。


カレーのお肉は、
やっぱり豚肉にしましょう。

夏バテ防止とともに、
牛肉よりもお手頃価格で
家計にも嬉しいものです。


カレーには
たくさんのお野菜を入れることができますし、

野菜が苦手なお子さんでも、
カレーに入れれば食べられる
という場合もあると思います。


苦手な野菜は少し小さく刻んで、
カレーで野菜不足解消もしてしまいましょう。


我が家では、
夏場は夏野菜カレーが大人気です。


いつもの
ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモに加え、
なすピーマントマト
時にはトウモロコシまで入れてしまいます。


ときどき、

「このお野菜は失敗だったね」

なんて話にもなりますが、
それも楽しい会話の種になっています。


ちなみに、
今まで我が家で不評だったのは、
ニラとさつまいもです。


夏バテ防止に!と
ニラを投入してみましたが、

独特の香りが香辛料と相まって、
なんとも微妙なカレーになってしまいました。


さつまいもは、
その甘さゆえにカレーとはミスマッチと
言われてしまいました。


お好みでいろいろなお野菜を入れて
バリエーションを楽しめることも、
カレーのいいところです。

「今日は何が入っているでしょう?」が、
我が家の定番、カレークイズです。

ぜひ試してみてください。



おわりに


いかがですか?

暑い夏、
本当に体力を消耗して
疲れやすくなってしまいます。

熱中症対策をしっかりして、
さらにお子さんが喜ぶお食事で
スタミナアップしながら、
暑い夏を乗り切りましょう。

(ライター 三木杏奈)


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ