ここ調べた » オトナのお金の話 » ボーナスの使い道|主婦の私はこう使ってます!

ボーナスの使い道|主婦の私はこう使ってます!

読了までの目安時間:約 5分

150320_R

人生は何が起こるかわかりません。

家族が困らないよう、賢くやりくりするのも主婦の務め。

そんな主婦として、ボーナスはどう使うのがいいと思いますか?

いろんな出費の補助に使うのも一つの手です。

でも、少子高齢化が騒がれている今、
子どもたちの負担を少しでも軽くするため、

自分たちの老後の資金に回すことも
大事だと思いませんか?

備えあれば憂いなし。

今回は、そんな主婦のボーナスの使い道を紹介します。



スポンサードリンク




Aさんの家の収支状況

1010_R

今回家計のやりくりを紹介してくれた
Aさん宅の状況を紹介しましょう。


Aさんは、38歳2児の母親です。

彼女は30歳で出産したのを機に
仕事を辞め、

それ以来専業主婦として暮らしています。


子どもは男の子が2人。

この長男は小学3年生、次男は幼稚園に入園です。


そんなAさん宅の収入は、すべて旦那様頼り。


毎月の給料と年2回のボーナスで
やりくりしています。


ボーナスはだいたい、
平均して60万円程度


7年前に住宅を購入したので、
毎月ローンの返済はありますが、

ボーナスでの支払いはしていません。


今まではボーナスで余裕ができたら
余ったお金を住宅ローンの繰り上げ返済用に貯金していましたが、

次男が幼稚園に入園したことで、
それも難しくなりそうな状況です。

さて、そんなAさんのお宅は
ボーナスの使い道をこのようにしています。



ボーナスの支出計画

150204_R
次男の幼稚園の月謝は約3万円で
年間で36万円程度です。


ただ、正直なところ、
月々の給与から月謝を払う余裕がありません。


市から補助金が年間10万円弱出るので、
残りの26万円を夏のボーナスから
支払っています。


それ以外にも、旦那様の
ボーナスのお小遣いとして5万円


長男と次男のための貯蓄として、
それぞれ5万円ずつ。


保険の支払いとして13万円


残った分が住宅ローンの
繰り上げ返済用の貯蓄となりますが、

夏のボーナスは、ほとんど残らない計算になります。


冬のボーナスは幼稚園の支払いはないため、

その分を必要な家電製品の買い替え
家族旅行に回します。


貯金だけでは、せっかくボーナスが出ても
家族で楽しめないので、年に1度くらいは娯楽も必要


となると冬のボーナスもそんなに残らない計算です。



スポンサードリンク



将来のために、老後に備えた保険を


こうなると一件将来のための
貯金もそうそうできないAさんちの家計。


でも大きなポイントがあります。


それが、支出計画で示したように、
ボーナスからは13万円ずつ払っている
「保険料」
にあるのです。


Aさんちの保険は、
保険会社のプランナーさんにお任せして、
アドバイスをもらいこのようにしているのです。

  • 生命保険や学資保険など⇒毎月の給与で
  • 老後に向けての貯蓄型保険⇒ボーナスに合わせて半年払いに



ちなみにAさんが加入しているのは
「変額保険終身型」


国内外の債券や株式を購入して、
利率を増やしていくものです。

元本に対して103%の最低保障があるので、

安心でありながら、貯金するよりも
かなりの利率を期待できる保険です。


「保険」にはそんな貯蓄効果もあります。


貯蓄の意味で保険を考えてみると
株式投資や投資信託よりも安心な
資産運用
ができるかもしれません。


⇒無料保険相談!保険見直しなら全国対応の【あなたのFP】



まとめ


いかがでしたでしょうか。

Aさんの家庭では
やりくりが大変だからこそ、

少しでも将来のことを考えて、
ボーナスを使って老後の備えをしています。


普通貯金や定期貯金では
なかなか増えないこの時代。

かといって株式投資や投資信託は
大切なお金が減る可能性もあるので
主婦にはちょっと気が引けるところ。


そんななかで「生命保険」を
資産運用に使うアイデア


あなたもぜひ試してみませんか?



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ