ここ調べた » オトナのマナー » 師走の候はいつ使う?12月中旬に使うのがベスト?

師走の候はいつ使う?12月中旬に使うのがベスト?

読了までの目安時間:約 5分

時候の挨拶

今年も残すところあと1か月。

お歳暮に、1年間お世話になった
お礼に、その他もろもろ。

12月は挨拶状をだす機会も
多いですね。

そんな時にぴったりなのが
「師走の候」という時候の挨拶。

あれ?これはいつから
いつまで使っていいの?

意味は?使い方は?

ということで、まとめてみました。



スポンサードリンク



師走の候(しわすのこう)の意味は?


師走とは陰暦の12月のことです。

よく師匠の僧が
駆け回るくらい忙しいから

「師が走る」で師走

という説が紹介されていますね。


でも実は他にもいろんな説が
あるそうです。

1年の終わりで、「年が果てる」
という意味の

年果つ(としはつ)」や

また、

「1年の最後に為し終える」

という意味の

為果つ(しはつ)

といった説もあるって知っていましたか?

どの説にせよ、一年の終わりの
慌しい雰囲気がよくでていますね。


師走の候はいつ使う?

クリスマスプレゼント

そして、師走の候をいつ使うか?ですが

12月の初めから12月の中旬頃まで

に手紙を書くときには、 
師走の候を使うといいでしょう。

他にも12月に使える
時候の挨拶にはこのようなものが
あります。

・初冬の候
・初雪の候
・寒冷の候
・短日の候
・霜寒の候
・歳末の候
・歳晩の候

 

などです。厳密には上旬、中旬、下旬で
使い分ける
ことが多いです。

特に上旬には、冬の始まりを表す
初冬の候や初雪の候

そして、年の暮れが迫った下旬には
歳末の候や歳晩の候

使うようです。


「寒冷の候」や「短日の候」は
12月を通じて使えますが


せっかくなら、上旬や下旬には
その期間しか使えない表現を使って


季節感を味わいたいものですね^^


「~の候」だけでなく

 
・カレンダーも最後の一枚となりました。
・今年もいよいよ押し迫り、
・年内余日なく

 

なども一年の終わりを感じられる挨拶ですね。



時候の挨拶の使い方


時候の挨拶で季節を表現した後には

・皆様においてはお変わりなく
 お過ごしのこととお喜び申し上げます。

・ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。

・いかがお過ごしでしょうか。

・この一年はどんな年だったでしょうか。


など安否の挨拶といわれるものをしましょう。


その後本文に入ります。
いわゆる本題です。用件やお礼を書きます。


でも本文が書けたら
それで終わりではダメですよ。


うっかり忘れるとせっかくの手紙で
あなたの印象が悪くなってしまいます( ゚Д゚)


本文のあとには必ず、
これからのお付き合いのお願いや
支援のお願い
を書きましょう。


でも、これも難しく考える
必要はありません。

・これからもよろしくお願いします
・これからもご指導のほどよろしくお願い致します。


と言った簡単な文でいいんですよ。



スポンサードリンク



最後に結びの言葉を忘れずに


ここまで綺麗に書けたらあと一歩ですね。

最後に結びの挨拶をしましょう。

・年末ご多忙の折ではございますが、
 お体にお気をつけて
 良き年をお迎えください。

・皆様にとって来年が
 輝かしい年となることをお祈りいたします

・心せわしい年の暮れを迎え、
 何かとご多用とは存じますが
 お体にお気をつけてお過ごしください。


など、相手の健康や幸せを
願う気持ち
を伝えましょう。


新年の挨拶の前に、
一年の締めくくりとして

年末の挨拶にも手紙を書くのも
いいですね。


そんな時に時候の挨拶を
きちんと活用できるよう
この情報がお役に立てれば幸いです^^


ちなみに!
12月の時候の挨拶ではこのような表現も使えます。

ご参考にどうぞ!

寒冷の候の意味は?いつ使う?12月中旬は使っていい?



スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ