ここ調べた » 旅行情報 » バックパッカーの持ち物!女性に必要な最低限のモノはこれ!

バックパッカーの持ち物!女性に必要な最低限のモノはこれ!

読了までの目安時間:約 11分

バックパッカーの持ち物

バックパッカー旅行、楽しいんですよね~。

私も散々バックパッカーとして
世界各地を歩いてきました^^

そこで、これからバックパッカーデビューする
女子のために

バックパッカーの持ち物

についてまとめてみました^^



スポンサードリンク



普通の旅行とは違う、バックパック旅行の準備


バックパッカーに必要なものは
ツアー旅行に必要な持ち物とは
かなり違います

ポイントは

・快適ではない(かもしれない)
宿泊環境でも極力快適に過ごす


・必要最低限でコンパクトにまとめる

ということです。

ではいってみましょー!



1:ガイドブック


guide
これはバックパッカー旅行こそ必需品です。

各地の通貨や非常事態の連絡先
危険情報
など、個人旅行に必要な情報が
いっぱい!

ツアーガイドはいませんから、
自力で何とかするために持っていきましょう。

電子書籍でもっていくと、いざというときに
電源切れで確認できない(;゚Д゚)ということに
なってしまうと困るので、必ず書籍で!


おススメはやはり、「地球の歩き方」ですね。


安い宿の情報や、現地情報がわかりやすくて
詳しいと思います^^



2:サンダル


宿ではサンダルが必需品!

海外の宿ではもちろん、土足。

その時にサンダルがないと、
シャワー室に行って、濡れた足で
靴を履いて出てくる
ことになり、靴も濡れるし
結構気持ち悪いです。

安いビーチサンダルでOKです。

夏なら底のしっかりしたタイプのサンダル

↓こういうやつ


があれば、旅行中これ1足でもOKです。

(私はこういうの1足履き潰しで間に合わせました)



3:寝袋


宿代にどれくらい予算をかけているか…
にもよりますが、

ユースホステルや安い宿の場合
必ずしも寝具がきれいな環境とはいえません^^;

また、場所によっては夏で冷えるのに
防寒の毛布などがなかったりする場合
あります。

だからどんな宿でも快適に過ごすためには
実は寝袋ってすごく大事

今はとってもコンパクトなタイプもあります^^



スポンサードリンク



4:3日分くらいの着替え


女子として気になるのは服装。
着替えは、最低限3日分くらいあればOKです。

うち、ワンピースを1着持っていくと
ちょっとしたレストランに入るのも
気兼ねせずに入れます。

夏でも冬でも乾きやすい素材のものを。

Tシャツまたはチュニックと
ジーンズが楽ちんです。


女子旅には何かと危険がつきものなので
夏でも露出が少ないものにしましょう。


また、パジャマ替わりの柔らかい素材の服を
さらに持っていくと心地よく過ごせますよ!



5:セームタオル


セーム!?初めて聞く方のために画像を。

バックパッカーのセーム
こういうやつで、水泳をやっている人には
お馴染みのものです。

600円ちょっとで購入できます。

絞るとすぐに水が切れるし、乾きやすいので
シャワーの後のバスタオル代わりに重宝します。

夜シャワーで使って、水で洗い、よく絞って
室内に干しておけばどんな環境でも
大抵朝には乾いて
います。

そう使えば旅行期間中、臭くなることも
ありません。


心地よさはタオルのほうがいいですが…^^;


タオルは、朝までに乾かなくて、
次の日移動で、バックパックに一日入れっぱなし…


気付いたら、臭かった


なんてことになるので、セームがおススメです。



6:電源プラグ変換アダプタとゴーコンタップ


これがないと、充電切れになったとき
充電ができません^^;

旅行先の国に合うタイプの
電源アダプタを持っていきましょう。

 


7:スーパーのレジ袋


汚れたものを入れたり、シャワーに行くときに
必要なものを入れて持っていったり


何かと便利で役にたちます。

もちろん、海外でもレジ袋はありますが
日本のものが一番丈夫!

2~3つあるといいでしょう。

 

8:虫よけスプレー


蚊取り線香とか、虫よけ対策グッズは
いろいろあります。

でも、一番手軽で便利なのは
シュッとひと吹き、虫よけスプレーだと
思います。

蚊を媒体にした伝染病がある地域も
ありますので、忘れずに!

 

9:トイレットペーパー


「トイレットペーパーがあるのが当り前」
というのは海外では通用しません

ある統計では、トイレットペーパーを
使う国は、世界の3分の1だとか(;^ω^)

また、トイレットペーパーを使うのに
いちいちチップが必要な国もあります。

だから、トイレットペーパーを1つ
芯をつぶして持っていくと便利!

ティッシュ替わりとして
ちょっとしたときにも使えます。

 

10:暇つぶしグッズ

バックパッカー暇つぶし
バックパックの旅は時間を贅沢に使えます。

言い換えると、結構暇です。

だから、自分なりの「暇つぶしグッズ」を
持っていきましょう。

例えば

・ノートとペンを持って雑記帳を付ける
・ipadで音楽を聴く
・Amazon kindleで読みたかった本を読む


などなど。

私はノートとペンで雑記帳を付けました。

バックパックの旅は感性も豊かになる気が。
当時のノートは今でも宝物です^^

 

 

場所によっては必要なもの


今まで紹介したものは、どこに行くにも
必要なものですが、

これから紹介するのは、
行先によって必要になるものです。

先進国以外へのバックパック旅行を
計画している方はチェックしてくださいね!



マグライト


小さな懐中電灯です。

先進国以外で、頻繁に停電がありそうな
地域
に行く際には、持っていくと便利です。

また、ユースホステルなど相部屋タイプの
宿では、消灯時間が決まっていることも
少なくありません。

そんな時は、あると便利という説もあります。

・・・「説もある」というのは

私の場合は、ヨーロッパとアメリカと
東南アジアをバックパッカーで旅したけど

必要と感じたことは、一度もなかったからです^^;


消灯時間後に懐中電灯をつけて
起きているのは、多分、迷惑です^^;


さっさと寝てしまい、翌朝早起きしたほうが
気持ちいいと思いますよ。



「必要」と紹介されていることもあるけど、なくても大丈夫だったもの


私も情報収集をいろいろしましたが中には
「必需品」として紹介されていても、

忘れても特に困らなかったものもありました^^

それも紹介しますね!



1:爪切り


2~3週間程度の旅行なら、爪切りが
なくても乗り切れます。

ちょっとした「切り口」を作るのにも
便利と言われますが、、、

ハサミはどんな宿にもあります(*^^*)b

困ったら借りればいいので問題ありません。



2:ジップロック


ジップロックは小物を分けるのに
確かにあると便利です。

残ってしまった通貨だったり、

美術館の半券や電車のチケットだったり。

旅行していると、思い出になるような
細々したものがいろいろと増えてきます。

そんな時に大活躍してくれるのが
ジップロックなんです。

でも、あるとすごく便利ですが、、、

なくても困りません

バックパックについている、チャックが閉まる
ポケットの1つにまとめて置けば
なんとかなりますよ!

 

3:折り畳み傘


バックパッカーの持ち物傘
一度も持っていったことがないのがコレ^^;

一日中ある程度の雨量が続く雨の日って、
海外であまり出くわしたことがありません。

歩いても気にならない程度の小雨だったり。

短時間で終わるスコールだったり。

バックパック旅行なので時間はあるから

雨が降っていたらあがるまで待つ

それでも十分乗り切れました(笑)。

 

4:S字フックとビニールひも


これもよく紹介されていますが、
あると超便利ですが、なくてもすごくは困りません。

S字フックが必要な理由は、洗濯干場を作ることと
トイレの時に荷物をおく場所をつくる
こと。


宿によっては、洗濯物を干す場所がなかったり
あまりにもオープンで、洗濯物を干すのが
躊躇われることがあるからです(;^ω^)


そんなとき、S字フックとビニールひもがあれば、
部屋に洗濯干場を作れます。


S字フックは、トイレに入ったときの
荷物かけ
にも使えるというわけです。


海外のトイレでは

「荷物どこにおいたらいいの!?」

という事態も発生しますからね。

でも、

バックパックの大荷物を持って
移動するときにはトイレに行かなくても
いいように予め行っておく


と心がけるだけで、忘れてもなんとか乗り切れます。

 

もちろん、これ以外にも通常の旅行でも
必要な


・パスポートのコピー
・海外旅行保険証のコピー、連絡先
・クレジットカード紛失時の連絡先
・航空券Eチケットのコピー
・保健所のコピー


なども忘れずに準備してくださいね^^

楽しいバックパック旅行となりますように。


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ