ここ調べた » クリスマスのアイデア集 » クリスマスの絵本3歳にぴったりの絵本ベスト3!

クリスマスの絵本3歳にぴったりの絵本ベスト3!

読了までの目安時間:約 5分

クリスマスの時期の読み聞かせ絵本。

この時期ならではの季節感があるものがいいですよね。

学校の読み聞かせボランティアもしている管理人が、3歳児におすすめな絵本を紹介します。



スポンサードリンク



「ゆうびんやのくまさん」



作:フィービ・ウォージントン
出版社:福音館書店


赤い表紙の中央に、くまさんが雪の中
自転車でゆうびん配達にでかける絵が
描かれています。

クリスマスの日、ゆうびんやのくまさんは
ポストに郵便物の収集に行き、

郵便局に持って帰ってスタンプを押し、
それから一軒一軒配達に出かける
ストーリーです。


クリスマスの贈り物なのでしょう。

小包がほどけかかって
中から人形が出てしまっている包みを、
くまさんが包み直してあげたり、

郵便局の人が温かいココアを
入れて持ってきて
くれたり。

ほのぼのとしたエピソード
盛り込まれています。


とてもほんわかした優しい画風で、
ほっこり温かい気持ちになります。

そして、ラストは、配達員である
くまさんのところにもクリスマスの
贈り物が届くというお話。

読んでいるこちらも嬉しくて
顔がほころんでしまう絵本です。



「ぐりとぐらのおきゃくさま」



作:中川李枝子, 山脇百合子
出版社:福音館書店

大きなカステラを作った、
おなじみのぐりとぐらの
クリスマスのお話です。

森で雪合戦をしていた
のねずみのぐりとぐらが、
雪の上に大きな足跡を見つけます。

それを追ってつけて行くと、
辿り着いたところは
何と自分たちの家でした。


足跡の主は、
ぐりとぐらの家に入った模様。

大きな長靴や真っ赤なオーバー、
えりまきやぼうし、手袋に靴下も
ちゃんと掛けてありました。


でも、寝室やお風呂場など
あちこち探しましたが、誰もいません。

ちょっとドキドキしてきますね。

そのとき、台所のほうからあま~い
いい匂い
がしてきます。

ぐりとぐらが急いで台所へ行くと、
真っ白なひげを生やしたおじいさんが、
焼きたてのチョコレートケーキ
持って立っていました。

サンタさんがケーキを作りに
来てくれるなんて!!!

なんと楽しいストーリーでしょう!
我が家ではクリスマス定番の絵本です。



「まどからおくりもの」



作:五味太郎
出版社:偕成社

この絵本も楽しい絵本です。

五味太郎さんお得意の仕掛け絵本で、
2歳頃からでも楽しめると思います。

クリスマスイブの夜
サンタさんがみんなの家に
プレゼントを届ける
お話なのですが、

そのサンタさんの勘違いが
ユーモラスで笑いを誘う
ストーリーになっています。


みんなが寝静まった頃。

窓の外から見える動物たちの姿で、
誰の家なのか推測して、

サンタさんがそれぞれに見合った
プレゼントを置いて行きます。


ラストは、双子の兄弟だと思って、
プレゼントを二つもらった男の子が、

留守と勘違いされて
何ももらえなかったくまさんに、
一つプレゼントを分けてあげるという
オチになっています。

ここはどうやら~」という
繰り返しのフレーズ
リズミカルな文が心地よい絵本です。

クリスマスにぴったりの絵本ですよ!


まとめ


クリスマスをモチーフにした
絵本を読むと、

大人も子どももクリスマス気分が
盛り上がってきます。

どれも絵柄がかわいいので
プレゼントにしても喜ばれそう!

我が子なら絵本よりオモチャを
せがまれそうですが(;・∀・)

ママ友や学生時代の友人の子どもなら
絵本のクリスマスプレゼントも
素敵ですよね^^


スポンサードリンク

 

この記事に関連する記事一覧

脱毛器ケノン
フコイダン
今週の注目記事Best15!

Sorry. No data so far.

運営者情報
■お問合せ